交 通 部   役員紹介

お問い合わせ

部長 大野 平
 

やさしさが 走るこの街 この道路 
例年この町会だよりの原稿依頼が来る頃は梅雨入りしていて視界も悪く運転にも気持ちも落ち込み、この町会だよりが届く頃には楽しい夏休みで海に山にと計画があるところですが、今年はコロナウイルスで不安な日々が続き計画が立てられない状況だと思います。交通部も活動の制限・自粛等があり思い通りの活動ができない状態です。春の全国交通安全運動も4月6日(月)から15日(水)10日間でしたがテント設置・広報活動等が出来なく縮小での活動でした。また、中央地域まつり、各イベントも中止縮小で街頭活動も少なくなりました。会社・地域等の活動も少なくなり通行量もまた少なく交通事故数は減少しましたが、スピード超過による大事故が多く発生し死亡事故が多発しました。そんなコロナウイルスの影響で自転車による移動が多くなり、自転車事故も多数起きています。小松川警察官内でも死亡事故・重傷事故がありました。重傷には至らない事故は多発しています。 
  「あおり運転」
2020年6月末から道路交通法の条文が改正で「あおり運転」が厳罰化!
近年、「あおり運転」が社会問題として大きな注目を集めています。これまでもあおり運転に関する道路交通法の条文が改正されていましたが2020年6月以降あおり運転を直接取り締まるための「妨害運転罪」が定められました。

① 妨害運転(交通の危険のおそれ)  
他の車両等の通行を妨害する目的で一定の違反(10類型の違反)行為であって、当該他の車両等に道路における交通の危険を生じさせるおそれのある方法によるものをした場合。3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 違反点数25点 免許取消し(欠格期間3年)
② 妨害運転(著しい交通の危険) 
①の罪を犯し、よって高速自動車国道等において他の自動車を停止させ、その他道路のおける著しい交通の危険を生じさせた場合。5年以下の懲役又は100万円以下の罰金 違反点数35点 免許取消し(欠格期間3年) 

改正後のあおり運転の定義としての一定の違反 10類型の違反が定められました。
① 通行区分(左側通行違反)   ② 車間距離を詰める    ③ 急ブレーキをかける 
④ 不必要なクラクション    ⑤ 急な進路変更(割込み)  ⑥ ハイビーム威嚇の継続 
⑦ 乱暴な追越し        ⑧ 左からの危険な追越し  ⑨ 幅寄せや蛇行運転
⑩ 高速道路での最低速度違反や駐停車
※警察では、今回創設された妨害運転罪や危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等のあらゆる法令を駆使して、厳正な捜査を徹底します。
※妨害運転を受けた場合は、安全な場所から110番通報また、ドライブレコーダーを有効に活用しましょう。
※相手の立場について思いやり・ゆずり合いの安全運転を致しましょう。
 
  「自転車も対象に」
自転車は道路交通法では軽車両です。免許がいらず子供から年配者まで手軽な乗り物ですが、手軽な乗り物でもルールとマナーがあります。自動車と同じ規則-罰則があります。
自転車を対象にした危険行為の規定
1・信号無視     2・遮断踏切立ち入り禁止    3・指定場所一時不停止等 
4・歩道通行時の通行方法違反   5・制動装置不良自転車運転   6・酒酔い運転 
7・通行禁止違反   8・歩行者用道路における車両義務違反   9・通行区分違反 
10・路側帯通行時の歩行者通行妨害 11・交差点安全進行義務違反 12・交差点優先者妨害等 
13・環状交差点安全進行義務違反等 14・安全運転義務違反
自転車は気軽な乗り物なので車両とは感じないかもしれませんが、自転車は軽車両です。法律的には自動車・バイクと変わりません。信号無視や酒酔い・傘差し運転・自転車運転中にスマホを見ながらの「ながら運転」も「安全運転義務違反」として検挙されます。これらの危険行為は、実際に警察の取り締まりを受けることになります。改正道路交通法施行令では、15項目めに「妨害行為」として自転車のあおり運転を規定する内容が追加されました。具体的には、自動車やバイク、または他の自転車の通行を妨げる目的での「逆走をして進路を塞ぐ」「幅寄せ」「進路変更」「不必要な急ブレーキ」「ベルをしつこく鳴らす」「車間距離不保持」「追越し違反」の7項目が規定されています。
自転車運転中スマホ見ながら通行人に衝突し死亡する事例もあります。交通事故全体に占める自転車関与事故が増加しています。自転車保険に加入しましょう。自転車もハンドルを握ればドライバーになるということを忘れずに、安全運転を心がけましょう。
夏休みが終わりますと秋の全国交通安全運動が[期間は、令和2年9月21日(月)~9月30日(水)]が始まります。10日間は部員一同交通安全により一層積極的推進致します。皆様ご協力宜しくお願いします。